地方での開業はチャンス?企業が支援する「U・Iターン独立」の4つのメリット



近年、流行のUターンやIターン独立を企業単位で支援する制度が増加しています。

UターンもIターンもそれぞれメリットのある開業方法ですが、支援制度を利用することで更にお得な開業も可能です。

それぞれのメリットを把握した上で、理想のスタートを切れるよう検討しましょう。

1.土地勘があるから円滑に開業できる

特にUターンについて言える事ですが、土地勘の有無は開業時のスタートダッシュに大きく影響します。

開業する事業の種類にもよりますが、地理や住所などの直接業務に影響する情報感覚はもちろん、地域性などの間接的な知識も備わっている為、特にサービス面において負担なく業務を行えるでしょう。

ライバルである土地勘の無い新規独立者と比較して、この点において大きな優位性を保つ事が可能です。

2.両親や親族の側にいられる安心感

言うまでもありませんが、現在の日本は高齢化社会です。今は健在である両親なども、いつまでも元気でいられるとは限りません。

Uターン独立やIターン独立では、お互いの距離を近くに保つ事ができますから、万が一の時にすぐに駆けつける事が可能です。もちろん、何もなくとも側にいるという安心感も大きなもの。UIターンは、家族に優しい独立開業です。

3.閑静な地方都市での生活

UIターンの大きなメリットとして、忙しい都市圏内から離れた開業である点が挙げられます。

分刻み秒刻みが当たり前な都市生活に疲れた方に、このメリットは非常に大きな恩恵を与えてくれるでしょう。人ごみや性急な雰囲気から離れた生活で、特に精神面においてゆとりのある生活を送る事が可能です。

もちろん、開業地の選定は専門部署からのサポートを受ける事ができますから、収益性や利便性においても安心です。

4.費用が嵩みがちな引越し代等が支給される事も

UターンやIターンの大きな問題は、引越し代の負担です。

特に実家などに居住するケースが少ないIターン開業の場合、開業費用に加えて家賃負担まで係る為、その負担は非常に大きなものになりがちです。

ですが、企業の支援制度の多くは引越し代の給付制度が用意されていますから、制度を利用することで浮いた金額を開業資金に転嫁する事が可能です。また、一部の支援制度では引越し代のみならず、転居先や開業地の選定の為に必要な宿泊費等を支給する制度も存在します。

まとめ

UターンもIターンもそれぞれの魅力を有しています。
御自身が描く、理想の人生を実現する為にも、開業の一つの選択肢として検討してみると良いでしょう。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須