資産活用におすすめ!トランクルーム・レンタル収納ビジネスの4つの特徴


1 やっぱり外せない!初期費用の安さが魅力

年々注目を高めているトランクルームのフランチャイズビジネスですが、最大のメリットはやはり低コスト低リスクで運用できるという点に尽きるでしょう。

トランクルームビジネスの特徴として、土地活用という点においてはマンションやアパート経営と類似している点が挙げられます。
ですが、実際にかかる初期費用は段違いで、トランクルームの場合は安いものでは数百万円程度の投資で行う事が可能です。
マンションなどでは、一般的に数千万円は必要となりますし、場合によっては億単位での出費を覚悟しなくてはなりませんから、初期費用は段違いに安く抑えられるのです。

 2 維持管理もとっても簡単

トランクルームの魅力は、維持管理にかかる費用や労力が少ない点にもあります。
マンション等ではライフラインの維持や原状回復等においてオーナー側に費用の負担が求められるケースも珍しくありません。
また、人が住むという性質上、住民同士のトラブルや問題等、管理上多大な労力を求められるケースも存在します。

ですが、トランクルームにおいてはこのような心配はほとんどありません。
原状回復やメンテナンスにかかる費用は、マンションなどとは比較にならないほど安いものですし、人が居住している物件ではありませんから、トラブルの発生率も格段に少ないのです。
また、管理をFC本部や管理会社等に委託する事も可能なFC契約もありますから、中には全くノータッチで収益を挙げる方もいらっしゃいます。

3 分室でリスク分散も容易

土地活用の宿命と言えるリスクが、空室に関する問題です。
人が入居してくれない限り、維持コストだけがかかり続けてしまいますから、空室が発生すると経営者は本当に苦しみます。
マンション経営等ではこれといった解決方法も見つからず、長年土地活用に対する足かせとなり続けてきました。

ところが、トランクルームの場合は分室という手段がありますから、空室対策はとても簡単です。
人が居住する目的で賃貸する物件ではありませんから、広さに関して法律上の制限を受け難いですし、需要も損なわれません。
少額投資でたくさんの賃貸契約を実践できる、非常に魅力的なビジネスだと言えるでしょう。

4 立地の制限も受け難い

最後に紹介したいポイントが、立地に関する優位性です。
土地活用という視点ばかりでなく、小売やコンビニ等の他のFC契約においても、商業圏への出店は非常に重要であるとされ続けてきました。
通勤や通学に便利でなければ需要は減少しますから、これは当然と言えば当然の話です。

ところが、トランクルームにおいては短期の収納目的だけでなく、長期の保管目的といった多様なニーズを有している点が特徴です。
その為、多少アクセスが不便といった悪条件を有していたとしても、需要に対する影響は他のビジネスと比べて小さく抑える事が可能です。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須