「就業しながらのフランチャイズ加盟準備」をスムーズに進めるための裏ワザ4選



フランチャイズの加盟準備を本格的に行うと、時間はいくらあっても足りないと言われています。
ところが、サラリーマン生活を続けているとその時間的な制約が大きな障害になる事は言うまでもありません。
そこで、時間的制約が多いサラリーマンの方でも、円滑に準備を進める為のテクニックを紹介します。

辞めなくても開業できちゃう!週末スタートで準備完了

多くの人が勘違いしているのですが、フランチャイズは別に会社を退職しなくても問題なくスタートする事が可能です(労働契約に副業禁止の規定が付帯している場合を除く)。
開業する業種によっては時間的な裁量権が与えられているフランチャイズ契約も多く、例えば週末開業としてスタートする等の手段を取る事で、仕事のスケジュールに影響を与えずに本格的な開業に備えた準備をする事が可能です。
一般的な就職でも同じ事が言えますが、職業体験は何よりも重要な開業準備です。

資産運用は効率的に

フランチャイズ開業を行う際に、最も大切な要素となるのが資金調達です。
資金不足で倒産してしまう加盟店は非常に多いですから、サラリーマン時代から計画的に貯蓄に励む事は、賢い選択だと言えるでしょう。

ところで、開業資金の貯蓄は一般的には比較的長期間の積み立てになる事が大半です。
その為、ただ銀行口座に預けるだけでなくネット銀行など金利の高い銀行口座で、高金利商品である定期積み立てや通常定期預金を利用すると、大きな手間をかける事無く、開業準備に幅を持たせる事ができます。
また、当初計画した時期まで預金を使ってしまう事がなくなりますから、貯金が苦手な方にもオススメしたい方法です。

名刺を上手く使おう

フランチャイズに限らず、成功の為には人脈の活用も必要不可欠です。
優秀な人材や有益な人物を味方につけるには、就業中である身分がむしろ好材料として作用するでしょう。
就業中の貴方は、外から見ると○○社の貴方です。
無職の貴方と比べると信用度が格段に高いわけであり、同時に無職であれば決して会話をする機会がない人物とも、交誼を持てる場合があります。

業務を通じて優秀な人材と誼を通じる事で、時間を無駄にすることなく人的リソースを得る事が可能です。

家族の協力を仰ごう

1人で開業手続きを進める事は、時間的な制約の多いサラリーマンには非常に大きな負担です。
そこで、任せてしまえる手続きや調査は、家族の協力を得ると良いでしょう。
委任状を取る事で大抵の手続きは代行してもらう事ができますし、立地調査などは誰でも簡単に行えます。
1人よりも2人とはよく言ったもので、家族で協力して開業準備を行うとスムーズに進む事は間違いありません。

まとめ

フランチャイズは開業後の努力よりも、開業準備をいかに上手く行うかで成功が決まるとも言われています。
その為、就業中であっても開業準備を疎かにすることは決してせず、自身の周囲にある環境を最大限活用する事が重要です。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須