フランチャイズオーナーの強い味方!スーパーバイザー(SV)が行う5つの仕事


SVはフランチャイズ契約の繋ぎ役

フランチャイズ経営を行った方の多くが感じるポイントが、スーパーバイザーは本部との繋ぎ役であるという点です。

実際、スーパーバイザーは定期的に店舗を訪問し、本部から受けた方針や指示、あるいは業務提案等をフランチャイジーに伝達します。

新商品や新サービスが登場した際、全国にある多くの加盟店が同時にサービス展開を行える秘密は、スーパーバイザーの存在にあるわけですね。

スーパーバイザーは、フランチャイズ経営において欠かせない存在だと言えます。

コンサルタントとしての役割も

開業直後のフランチャイズ経営者は、業界や業務に関して何らかの不得意分野を抱えているケースが大半です。

また、独立開業はサラリーマン時代とは全く異なる悩みやトラブルが発生しますから、それを自力で全て解決する事はとても大変です。
ですが、そんな時頼りになるのがスーパーバイザーの存在です。

スーパーバイザーを介して、FC本部の積み重ねられた経営ノウハウの指導提供を受けられますから、より安定的な経営スタイルを実現する事が可能です。

調整役としてのスーパーバイザー

特に経営になれた頃に起きやすい問題の一つに、FC本部と加盟店の間の意見対立が挙げられます。

フランチャイズに加盟している以上、基本的には本部の意向に従わなくてはならないのですが、中には加盟店側から出したい、より良いと思われる提案もあるでしょう。

そんな時に、双方の間に立って問題解決を図ってくれる存在が、スーパーバイザーです。スーパーバイザーは、単に本部の意向を伝えるだけというわけではないのです。

FCとしての標準化や規約をチェック

フランチャイズとはいえ開業当初の慣れない頃や、逆に経営に慣れきってしまった時は、つい本部のマニュアルと異なる経営を行ってしまう事もあるでしょう。
また、慣習で行っていた事がいつの間にか規約に反する行為に該当していたなんてケースも存在します。

そんな時スーパーバイザーが経営を状態をチェックする事により、問題の発生を未然に防いでくれるのです。

加盟店である以上、規約は遵守する必要がありますから、逆に判断に迷う時は相談を持ちかけてみるのも一つの選択です。

新サービス展開時のサポート役

前項にも多少記載しましたが、スーパーバイザーは新サービス等の提案を行います。
また、場合によっては現場サイドでのサポートを行いますし、売り場スペースや商品プロモーションのチェックもするのです。

スーパーバイザーは本部の希望する適切なプロモーションを提案してくれますから、加盟店としては非常に有り難い存在となります。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須