夢の起業!成功する人・失敗する人の5つの違い


1 最も重要なポイントは覚悟の差

成功者と失敗者を分ける最も大きな違いが、覚悟の差にある点は疑いようのないポイントです。多くの起業家向けサイトで散々掲載されている事ですが、利益を挙げる事ができなければ、1円も収入を得る事ができないのが独立開業です。
また、赤字経営が続いた時の債務負担はとても大きなものですし、最悪のケースでは働いているのに借金だけが増えていくといった事態も有り得えます。
このような恐怖と戦う事ができる覚悟は、経営者として必ずしておくべき心構えだと言えます。

2 行動力も大きく影響

一般的な求職時にもありがちなのですが、例えば営業を行うにしても飛び込み営業は嫌だと避ける方を目にします。
飛び込み営業を避ける理由は様々ですが、このように仕事を選んでしまう方は独立しても失敗してしまうでしょう。

経営者としては、不安定であろうと嫌がられようと、やるべき事をやらなければ収益を挙げる事はできません。どんな仕事も進んで行う、大胆かつ力強い行動力が求められます。

3 モチベーションの維持もとても大切

起業家として活動する際の大きなメリットでもある点が、フレキシブルなワークスタイルです。遅刻しようと早退しようと、全ては自身の裁量次第、結果を残す事ができれば何も問題ない世界が起業家の世界でもあります。

ところが、一度大きな自由を手にしてしまうと、モチベーションの維持はとても大変です。辛い事があった時や、意欲が挙がらない時などに、経営そのものを傾けてしまわない様、モチベーションの維持はとても重要だと言えるでしょう。

4 賢い経営者は無駄な経費を使わない

よくある失敗例に、せっかく起業したのだからと無駄な費用を使ってしまう方が挙げられます。無用な設備や、過度に利便性の高い敷地に事務所を構えてしまい、ランニングコストに潰されてしまうケースは枚挙に暇がありません。

起業時の構想に、社長だからと立派なデスクや高価なオフィスセットの購入を予定している方は要注意です。
費用対効果が得られなければ、無駄な投資は最小限に抑える事が、経営成功の秘訣です。

5 ライバルが現れた時こそ本当の戦い

事業が上手く行き始めると、必ずと言って良いほどライバルが登場します。
後発のライバルが自身より資本力に優れていることは決して珍しくありませんし、そうなった時に顧客を逃してしまうようではやはり経営は悪化します。

普段から競合他社が登場しても対処できるよう、商品やサービスの差別化は必ず行うべき努力です。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須

半角英数字でのご入力をお願い致します。
弊社PCアドレス、fc@fc-dokuritsu.net が受信可能なアドレスを御記入下さい。
携帯電話のアドレスだと無事に届かない可能性がございますので御注意下さい。
お名前(ニックネーム可) 必須
確認ページはございません。内容をご確認の上、下記の「送信する」ボタンを押してください。