趣味を仕事に!時代のニーズに応える「スモールビジネスフランチャイズ」が成功する4つの理由



スモールビジネスとは文字通り、開業に求められる「人、モノ、カネ」の3つが一般的な事業よりも少なくて済むスタイルのビジネスです。
低コストではじめる事ができる反面、参入障壁が低い為にライバルも多く、収益が不安定化しがちといった欠点を持つと言われてきました。
ですが、近年目覚しいIT技術の高度化により、それらの欠点に変化が訪れています。

資金が少なくても本格的な営業活動!

昔は少ない資本で独立開業をすると、新聞の広告を打ったりや往来の激しい好立地に看板を出さない限り、認知度は決して上がりませんでした。
ですが、今では誰しもインターネットを駆使する時代です。
自分のウェブサイトを立ち上げ、更にフランチャイズ本部に加盟店として紹介してもらう事ができれば、広報活動にお金をかける必要がありません。
少ない金額で、大型ビジネスと対等に渡り合う事ができるのです。

趣味を仕事にできる強み

フランチャイズは多様化傾向にあるとは言え、まだまだ店舗出店型のビジネスはコンビニやファミレスなどに限られてしまいます。

中でも、フランチャイズの王様とも言うべきコンビニ経営では、必要資金もさることながら、覚えなければならない知識も膨大です。
しかも、加盟店オーナーの殆どが業界未経験という事ですから、裏を返せばズブの素人もいいところ、中には単に独立開業がしたいだけで、コンビニ経営そのものには興味がないと言う人もいるでしょう。
当然、それだけ技術習得に労力が必要ですし、覚えたところで自分にコンビニ経営の適正があるのかすら未知数です。

その点、スモールビジネスにおいて提供されているフランチャイズ契約は、業種が非常に多様です。
選択肢が多い点が特徴です。興味のないコンビニやファミレスに縛られる事もなく、ご自身がはじめから興味を持っていたり、既に経験した業界が提供しているフランチャイズビジネスを選択できるメリットを有しています。
自分の好きな事や慣れている仕事で独立できるのですから、当然未経験の人よりもスタートラインから優位に立てるでしょう。

人件費ゼロの強み

もちろん、スモールビジネスにおけるフランチャイズは人件費も少ない点が特徴です。
開業する業種にもよりますが、特にウェブサイトを通じたビジネスならば、人件費ゼロのフランチャイズも珍しくありません。

日本社会は、従業員の解雇が簡単に行えません。
多くの企業が人件費に苦しみ、倒産の憂き目に遭ってきたのです。
そのような観点から見ると、人件費割安という魅力はスモールフランチャイズの最大の強みだと言えるでしょう。

物流やノウハウは本格的!

スモールビジネスにおいても、フランチャイズ本部が開業支援や開業後のサポートに手を抜く事はありません。
加盟店が収益を挙げてくれなければ、自分の看板にも傷がついてしまいます。
ですから、多くのフランチャイズ本部は一般的な規模の契約と同様に、すぐにでも収益が挙げられる高度な経営ノウハウや顧客サービスを提供してくれます。

まとめ

スモールビジネスは、IT化の高度化や業種の多様性により支えられているビジネスです。
好きなものや得意なものを仕事にして、すぐにでも本格経営に参入する事ができるでしょう。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須