ビルイン?テナント?複合店?知っておきたい出店形態の3つの違い



独立開業で成功を収める為に、一番大切だと言われている要素は開業場所の立地です。特にフランチャイズ契約においては、既に構築されているシステムを受け入れての開業になりますから、明暗を分けるポイントとして立地はより重要な要素となっています。

開業向けの立地条件としては、ビルイン形式、テナント形式、複合店舗方式の3タイプに分類されますが、それぞれの特徴を把握した上で適切な選定を行うと良いでしょう。

1.ターゲットを絞りやすいビルイン形式

ビルイン形式は、都市部に多い貸しビルなどの空室を借りて開業する方式となります。

ビルイン形式で出店する場合、これらの立地が都市部に集中しているという点もあり、総じて家賃が高額になってしまいがちという欠点を有しています。ですが、ビルに入居している他のオフィスや店舗を把握する事により、利用客の層を特定しやすいというメリットを有しています。

これらの特徴を利用して、効果的なマーケティングを行う事でより効率的な収益をあげることが可能です。

2.オーソドックスなテナント形式

テナント形式は、様々な場所で目にする事ができる元飲食店やコンビニエンスストアなどの独立店舗、あるいはデパートや商業区画などの空きテナントを借りて経営する方式です。

テナント形式の店舗は立地も交通量も様々で、商業施設内に出店して大きな収益を目標としたり、比較的郊外に出店することで賃料を低く抑えることも可能と幅広い選択肢が用意されています。

内装や改装などのカスタマイズも、ビルイン形式の店舗と比べて自由が効きますから、それらの利点を活かして経営すると良いでしょう。

3.相乗効果で売上げを目指す複合店舗形式

複合店舗形式は、既に何らかの事業を開業している方が採る出店方式です。

同スペースに複数の店舗を用意することで、利用客に対して利便性を高める事で売上げの倍増を目指す事となります。

例えば、コンビニエンスストアを経営している方が、カラオケ店舗やドラッグストア店などとフランチャイズ契約を締結する事で、それらを併設店舗として経営する方式です。広めの店舗スペースが必要となりがちですが、新規事業と既存事業の双方の売上げを確保する事ができますから、より高い収益を得る事が可能です。

選定に迷ったらコンセプトを忘れずに

立地の選定中にありがちな悩みが、賃料等を比較している時にどの出店形式が良いのか判断できなくなってしまう点です。そんな時は、本来イメージしていた経営方式と大きく乖離しない立地を選びましょう。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須

半角英数字でのご入力をお願い致します。
弊社PCアドレス、fc@fc-dokuritsu.net が受信可能なアドレスを御記入下さい。
携帯電話のアドレスだと無事に届かない可能性がございますので御注意下さい。
お名前(ニックネーム可) 必須
確認ページはございません。内容をご確認の上、下記の「送信する」ボタンを押してください。