契約前の注意点!フランチャイズとパッケージライセンスビジネスの3つの違い



フランチャイズビジネスとよく似た契約の一つに、パッケージライセンスというものが存在します。

パッケージライセンスは、フランチャイズ同様に、開業の為の設備やソフトウェアを提供すると共に、ブランド名の利用を許諾するシステムですが、いくつかの点においてフランチャイズと異なった内容となります。

1.最大の違いは開業後のサポートです

一般的な話として、両者の大きな違いは契約後のサービス展開において最も顕著に現れます。(もちろん、各契約の詳細はその具体的な契約内容によって異なる為に、一概に言えない部分もあるのですが)

例えば、フランチャイズにおいては開業後の商品や商材の仕入れルートの供給はフランチャイザーが提供するシステムを利用して展開します。

スーパバイザー等による経営指導やアドバイスも受ける事ができますから、業界未経験者であってもスムーズな営業が可能となるのです。

またフランチャイズ契約の場合、経営困難な時の資金提供等のサービスを受ける事ができる契約もありますが、パッケージライセンス契約の場合は、原則としてこのようなサービスは提供されない事が一般的となっています。

 2.パッケージライセンスは拘束力が弱い傾向にあります

二つ目の違いが、拘束力の強弱です。

フランチャイズで頻繁に問題になり、場合によっては訴訟問題等に発展するケースもあり、このような本部による拘束力の強さには多くのフランチャイジーを悩ませています。ですが、パッケージライセンスの場合は、相対的にこのような拘束力が弱い点で知られています。

商品の仕入れルートや経営指導などのサービスが提供されない反面、本部の干渉を受ける事が少ない為に、このような自由度の高い契約となっているのです。その為、パッケージライセンス契約については、業界・業務経験者などに向いた契約として注目を集めています。

 3.コストや解約面など、費用面での違います

パッケージライセンスは、同業同種のフランチャイズ契約と比較して費用が安く抑えられている点も特徴です。

開業後の様々なサポートがコストに含まれていませんから、その分だけ契約費用が低価格に抑えられているのです。

また、解約時の扱いも異なる傾向にあります。フランチャイズ契約の場合、契約の中途解約には様々な条件が求められる事が一般的ですが、パッケージライセンスの場合は一般的にはフランチャイズ契約ほどの厳しい要件は定められていません。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須

半角英数字でのご入力をお願い致します。
弊社PCアドレス、fc@fc-dokuritsu.net が受信可能なアドレスを御記入下さい。
携帯電話のアドレスだと無事に届かない可能性がございますので御注意下さい。
お名前(ニックネーム可) 必須
確認ページはございません。内容をご確認の上、下記の「送信する」ボタンを押してください。