今からでも遅くない!?独立・起業のタイミングを見極める3つのポイント



独立開業を成功に導く為には、タイミングがとても重要だと言われてきました。

例えば、資金が不足しているのに開業してもすぐにショートを起こしてしまいますし、経営に対する知識が不十分な段階で開業してもあまり良い結果を残せるとは思えません。
生半可な準備では成功はとても見込めないというのが一般的だったのです。

このように、非常にハードルの高い独立開業ですが、近年ではフランチャイズ契約の登場と共に求められる要素も変化してきました。
前述の資金や経験の問題はかなり改善された態様を示しており、前述の資金や知識といった常識に捉われずとも成功を掴めるようになっています。

1.失敗しても立ち上がれる、20代での独立開業

1つ目に紹介する独立のタイミングは、年齢が早い段階で開業してしまう事です。
特に20代で開業を行う事で、万が一失敗した時のリスクを大きく減少させる事が可能ですから、その分失敗を恐れない力強い経営を行える長所を有しています。

以前は資金不足や経験不足を理由に20代での開業は良いとは言われていませんでしたが、経験不足の問題はフランチャイズ契約等を利用する事で全て解決する事が可能ですし、少額の資金で開業できるプランも存在しますから、20代でいきなり成功を掴む事も決して夢ではありません。

もちろん、若さを武器に体力任せの働き方もできますから、20代での開業は存外良いタイミングだと言えるでしょう。

2.退職時を転機に活用、転職よりは独立開業

2番目のタイミングは、何らかの事情で退職した時に開業するという決断です。
サラリーマン時代に培ってきた業界スキルやマネジメント能力を活かした経営を行う事ができますから、より高い成功への転機にする事が可能です。

また、離職時に要件を満たす事で、独立開業を行った時でも経営実態が認められれば、雇用保険法上の規定により各種就業促進手当を受ける事ができますから、開業時の資金的な負担を軽減する事も可能です。
特に30代~40代の方にとっては適したタイミングだと言われており、多くの方が離職時を契機に独立開業を行っています。

3.年齢を重ねてから、潤沢な資金を武器に安定経営を実現

体力不足を理由に、40~50代の独立開業を敬遠される方は非常に多いです。確かに肉体的に衰えを感じ始める年代ではありますから、不安な気持ちは察して余りあります。

ですが、この年代では高いレベルのマネジメント能力に加えて、潤沢な資金を保有する事ができる年代でもあります。

その為、独立開業時の資金的な体力は非常に大きなものですし、ハードウェア面の買い上げを行う事でランニングコストの軽減を行う事も可能です。
したがって、経営体力としては非常に優れた開業タイミングであり、安定的な経営を行いたい方にオススメできるタイミングだと言えます。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須