フランチャイズビジネスが失敗に終わるオーナーに共通する4つの特徴



フランチャイズで失敗する人の多くは、いくつかの共通点を有しています。ところが、それらの殆どは普段から意識的に生活を正す事で改善できるものばかりです。

これからフランチャイズで独立しようという方は、先人と同じ轍を踏まないように留意すると良いでしょう。

今回は、フランチャイズビジネスが失敗に終わってしまうオーナーの特徴をご紹介します。

ビジネスが失敗するオーナーの共通点

1 他責の考え方

経営者に限らず、自己の反省点を見出さずに他者にばかり責任を求める人物は決して成功しません。

顧客が貴方のお店のある部分に点に不満を感じていたとしても、それを拾い上げる事ができずに経営を進めてしまうからです。

特に日本人顧客は面と向かって不満点を取り上げる人は希少だと言われています。ダメだと判断されると客足は無言で遠のきます。

ですから、逆説的に述べるならば、日本人による批判意見は宝の山だと言えます。積極的に受け入れ改善へと繋げる事で、成功への道に近付く事ができます。

2 従業員を上手に使えない

会社の雰囲気が悪い企業で、躍進を続ける事ができた事例は稀です。

特に多い事例として、経営者としては最大限の成果を求めるあまり、つい従業員に対して厳しくあたってしまうケースが目立ちます。ところが、貴方はそれで良くとも従業員はそのような雰囲気が続く事で萎縮してしまいます。そして、貴方は本来受け取るべき貴重な意見や提案を取りこぼしてしまうのです。

お店で働く人は、単なる労働力やロボットではない事を忘れてはなりません。

3 成功へのハングリー精神が無い

当たり前ですが、精神面においても事業主は一般的なサラリーマンよりも高い水準で、成功への強い意欲が求められます。

赤字や借金など多くの困難に直面し、場合によっては刑事事件や民事訴訟に巻き込まれる事も決して珍しくありません。少なくとも、サラリーマンと比べるとそれらのトラブルに遭遇するリスクは数十倍にも上るでしょう。

そのような状況に置かれた時、自己を支える強靭なハングリー精神は何よりも重要な武器となります。逆にそこまで強い意志を持ち得ない人物は「もうダメだ…」と道半ばで投げ出してしまう事でしょう。

極端な例ですと、ホリエモンを例に考えてみて下さい。ハングリー精神が如何に重要化を感じ取る事ができるでしょう。

4 情報の収集を怠ってしまう

他者の意見を鵜呑みにする人物も問題ですが、全く耳を貸さない人物も決して事業者としては大きくなれません。

他店の行っている革新的な手法を目にしたら、かならず確認や調査を行いましょう。
全てを導入する必要はありませんが、他店の成功事例は、実証済みのビジネス商材のようなものです。

また、このような情報は、各種事業主向けセミナーや勉強会で得る事ができますし、フランチャイズ加盟店であれば、加盟店交流会などで他加盟店のオーナーさんから教えてもらう事も可能です。

まとめ

事業主として成功する事が何故難しいのかを根本的に突き詰めると、その大半は問題点を指摘する第三者がいない点に集約されます。

サラリーマンであれば上司や同僚が問題点を気付かせてくれますが、事業主にはコンサルタントに依頼でもしない限りそのような人物は存在しません。
その為、常に自己に厳しくあり、批判意見や改善点を積極的に取り入れる事が重要です。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須