経営者が身に付けるべき「マネジメント能力」を得るための3つの方法



経営者に求められる第一の能力は、なんといってもマネジメント力の高さです。
トップに経営スキルがない会社はどうあっても上手く進みませんから、マネジメント力の向上は急務です。

今回は、マネジメント力向上に有効な3つの方法をご紹介したいと思います。

経営者が行うべき3つの方法

1  スケジュール管理で仕事効率アップ!

人に与えられた時間は有限であり平等ですが、如何に効率的に時間を使うかで大きな差が生じます。
特にサラリーマンと比べて公私の境目が曖昧な事業主においては、自身の頭の中にある時間配分と、客観的に見た時間配分はまるで違うものとなってしまいがちです。

その為、もし貴方が上手く時間が使えていないと感じた時は、折を見てノートなどに1日の流れを記録してみると良いでしょう。

シンプルな手法ですが、こういった記録は客観的に自身の行動を浮き彫りにしますから、自身の問題点を再発見する事で仕事の効率化をはかる足がかりとなります。

2  上手く行かない時は一つの作業に集中しよう

オーナーともなると、事業計画から経理に会計、果ては現場の把握まで様々な業務が発生します。もちろん、パソコンがそうであるように、複数の業務を完璧に同時進行できるならば、理想的である事は言うまでもありません。

ところが、人間は体調や精神的な状態の影響を受ける要素が強く、常に最高のスペックを発揮できるとは限りません。
その為、最大の成果を得ようと常に複数の業務を同時に進ませようとすると、往々にして失敗を招いてしまいます。

そんな時は、一度頭を切り替えて、一つの業務に集中するクセをつけると良いでしょう。仕事を一つに絞る事で集中力が生まれ、結果的に効率に業務をこなす事ができます。

3  体調管理は何より大事!休養の重要性を知る

働く人にとって、体は何よりも大切な資本です。体調を崩すと自身が苦痛に感じるばかりか、業務の処理能力も大きく低下させてしまいます。

また、事業主の場合は体調不良で仕事が出来なくても従業員のように保護されるわけではありませんから、経済的にも苦境に立たされかねません。

その為、普段から運動や食生活を意識的に改善し、休養を十分に取る事が大切です。
どんなに忙しくとも、心身ともにリラックスできる時間の確保する事で、健康の維持と共に業務処理能力の増進につながります。

まとめ

経営者に求められるマネジメント能力とは、事業計画や経営スキルの向上だけではありません。

スケジュールの管理や柔軟な仕事の進め方、そして休養時間の確保まで求められます。特に健康管理は重要ですから、普段から意識的に生活の改善を行うようにすると良いでしょう。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須