話題性抜群!日本初上陸ブランドのフランチャイズ展開を成功に導く3ステップ


海外フランチャイズのメリット

テレビやウェブニュース等で「話題の○○、ついに日本上陸!」といったフレーズを目にした事はないでしょうか。

これら海外ブランドの日本進出計画は、フランチャイジーにとって大きなチャンスとなりえます。

海外ブランドのフランチャイズ契約は、既存の国内ブランドと比べて全体的な条件に恵まれており、収益を挙げやすい環境が整っているからです。

ステップ1:日本上陸ブランドの魅力的契約条件

日本上陸ブランドを導入するメリットの一つは、契約条件の優位性にあります。

フランチャイズ契約はフランチャイジーにとって大きな賭けとなる契約ですが、日本上陸にあたって莫大な投資を行っているフランチャイザーにとっても失敗する事のできない大きな投資です。

その為、日本上陸ブランドは開業直後からの店舗数確保の為に、同業FC店と比較してロイヤリティー等の条件でフランチャイジーに有利な条件を提示する傾向にあります。

もちろん、海外の大型FC本部であれば、基本的な経営ノウハウ等や流通ルート等のソフトウェア面において国内有名店に引けを取りません。結論として同質の商品をより安い投資で手に入れる事ができるのです。

ステップ2:話題性抜群!開業後すぐに高収益も

有名海外ブランドとFC契約を締結するにあたって、もう一つのメリットとして話題性によるアドバンテージが挙げられます。

特に有名企業や有望企業であれば、日本上陸直後から宣伝広告に費用を掛けますから、顧客への認知度や注目度は非常に高い水準となっているからです。場合によっては。開業前から開業を待望されている海外ブランドも存在します。

FC開業としてスタートを切るにあたって、これほど理想的な条件は他にありません。話題が冷めないうちに開業を決断する事で、フランチャイズで難しいと言われている開業直後からの大幅黒字の達成も十分に可能です。

ステップ3:大幅なテリトリーが確保可能

国内有名ブランドとFC契約を締結するにあたり、大きな欠点の一つがテリトリー圏に関する問題です。

特にテリトリー圏に関して、質や広さ共にごく狭い範囲に留めれる傾向にあるコンビニエンスストア等の小売店では、ライバル店よりも近隣に出店した系列店が深刻な問題となりかねません。

ですが、日本上陸ブランドであれば店舗数はまだ少ない状態ですから、高い知名度と話題性を独占し、商圏をフル活用する事ができます。この点も日本進出企業の外すことができない魅力の一つです。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須