加入すべき本部を教えてくれる?「フランチャイズ開業支援ビジネス」4つの特徴



フランチャイズは独立開業として最も手軽な存在であり、業種も豊富で今では選択肢も数え切れないほどの数となりました。
一見すると利便性が高まったかのようですが、未経験の立場から見ると判断が付けにくく厄介な面も存在します。
そんな時に役立つ存在が、フランチャイズ開業支援の利用です。

フランチャイズってなに?からは教えてくれる

フランチャイズ開業支援機関は、独立開業をしたいけどどれが良いのかわからないと言った相談を主に引き受けている組織です。
多くの機関が相談を無料で受け付けている事もあり、フランチャイズと言われてもよく理解できないと言う人も多くが利用しています。
漠然と独立したいという願望を持つ人でも1から教えてもらえるので非常に便利な存在です。

同業他社の長短を分析

フランチャイズ開業支援機関を利用する最大のメリットは、同業他社を横断的に比較検討してくれる点です。
例えばコンビニ新大手3社の違いを取り上げても、パッケージ料やロイヤリティの支払い、資金提供に関する制限にオーナーに許される権限も全く異なります。
フランチャイズは契約ですから、サインした後に後悔しても手遅れです。
フランチャイズ開業支援機関は、これらを初心者でも理解しやすく整理、説明をしてくれますから、ミスマッチの軽減に大きく役立つ存在です。

個人で集めきれない情報を的確に提供

フランチャイズ開業支援機関は、常に組織として情報収集に当たっている点が特徴です。
個人でフランチャイズを検討する場合、集められる情報量には限界がありますし、その真偽性も確かなものではありません。
ですが、フランチャイズ開業支援機関が提供する情報は専門のフランチャイズアドバイザーが吟味した情報ばかりですし、その情報量も膨大です。
開業前の判断材料として、非常に有益な機関だと言えます。

直接本部には聞き難い事が聞ける

日本には、自分にとって必要な情報でも相手に明らかに失礼となるなら、質問を控えるべきだという文化がまだまだ残っています。
その為、FC本部が展開する説明会でも、核心的な部分や不安要素などを拾い落としてしまいがちです。
また、FC本部も聞かれない限り好んで不利になる情報は提供しません。広報の段階でそんな義務はありません。

ですが、フランチャイズ開業支援機関はFC本部各社とは関係のない独立した組織です。
その為、気になる事業の成功確率や、隠している不利な契約、FC脱退時に求められる原状回復などの費用等、リスクヘッジに役立つ情報を提供してくれます。

まとめ

未経験であればあるほど、フランチャイズ開業支援機関の必要性は高まります。
家を買うのと同じように、多くの方はフランチャイズ契約をそう何度も経験するものではないからです。
後で後悔しない為にも、積極的にフランチャイズ開業支援機関の利用を検討しましょう。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須