少子化でも関係ない?フランチャイズ拡大を続ける「教育ビジネス」3つの特徴



現代社会は少子化が強く訴えられている社会です。

ニュースメディアなどで少子化やそれに伴う弊害が注意喚起されて久しいですし、大手学習塾も大規模な校舎閉鎖を迫られた報道は記憶に新しい事実です。

このようなニュースを耳にする限り、学習関連に関しては一見すると下火ビジネスのように感じられるかもしれません。ですが、それはいくつかの観点から見ると、誤った認識であると言えます。

急増化する学習塾フランチャイズと、縮小を続ける大手予備校

まず、大手予備校の衰退について見て行きましょう。

このような大手校舎が閉鎖してしまった理由は、広大な敷地と多くの講師、そしてそれに伴う膨大なランニングコストに耐えられなくなった点を示唆しています。狭い地域で多くの学生を集める事を前提とした事業展開をしていた為に、このような事態を招いてしまったと解釈すべきです。

そんな大手予備校の苦戦を横目に成長を続けるビジネスが、フランチャイズによる個別学習塾です。

個別学習塾は既存の大型校舎に捉われたり、膨大な講師の維持に苦戦する事がありません。つまり、これから開業するフランチャイズビジネスでは、事業形態を容易にコントロールする事が可能なのです。

単純な話、敷地面積を狭く取り、従来の講師1人に対して少数の塾生を対象とした個別指導スタイルを採る事でコスト圧縮と収益の効率化を図る事ができます。少子化である現代社会にフィットした事業展開が行いやすい長所を有しているのです。

少子化により一人当たりの教育投資額が増加

他にも、フランチャイズによる教育事業を展開するメリットは存在します。

その2つ目のポイントが、「教育投資額の増加」です。

言うまでもない話ですが、少子化は教育関連の市場を縮小はさせました。ですが、子供の総数が減少した変わりに、一人あたりに投資する教育資金は増加する傾向にある点を見落としてはなりません。

つまり、従来の多くの学生を集める教育ビジネスは上手く行き難い環境にあるのですが、個別指導などの質の高い教育へのニーズは増加してる事となります。

この点、フランチャイズによる教育ビジネスは適した性質を有しています。元々フランチャイズによる教育事業の多くは、このような少数精鋭型の教育を得意としている為、このようなニーズに存分に応えることが可能です。

設備投資の安さは魅力、IT化へのコストも低減

フランチャイジーから見た教育事業の魅力は、「開業資金や設備投資の安さ」にもあります。

元々教育事業は高度な設備投資が不要なビジネスですから、開業にあたっての必要資金は少額です。また、ロイヤリティーに関しても小売業などに比べて割安となる傾向があり、収益を挙げやすい環境が整っています。

更に、より質の高い教育を提供する為に設備のIT化が挙げられますが、小規模経営ですからコストもかなり安く行う事が可能で、僅かな投資で高い収益を挙げる素地を有していると言えるでしょう。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須