運転資金てどのくらい?意外と知らない開業後にかかる5つの費用



もし貴方が事業を起こすとして、提供するサービス、商品が何ヶ月で収益になると想定しているでしょうか。

既に販路が確立されている商品を除くと、その必要期間は凡そ半年~1年以上と言われています。その為、開業後すぐに収益があがると誤信している場合は、様々な想定外の支出を求められ、ついには資金がショート、破綻してしまいます。

毎年数え切れないほど起きているこの資金ショートの問題ですが、リスクに備えた運転資金の準備が、破綻のリスクを大きく軽減してくれるでしょう。

 1.生活費

開業後に多くの方が苦しめられる費用が、この生活費です。

開業直後は収入が安定しませんから、自分の生活レベルの設定には多くの方が苦慮しています。また、孤独や不安に耐え切れずに、思わぬ出費を繰り返すなんてケースも。心身ともにバランスの取れた生活を心がける事が重要です。

 2.返済金

事業にもよりますが、通常は開業時に多くの方が資金の借り入れを行います。

受けた融資には当然返済の義務が付きますから、返済計画に従って返済を行わなければなりません。ですが、事業が上手くいかない開業直後からの返済を予定した場合、返済資金が大きな負担となるでしょう。返済計画にもよりますが、いずれ返済しなければならないという点は忘れてはいけません。

 3.人件費

人件費は、開業前に多くの方が想定する費用です。ところが、その金額は開業後大きく上回るケースも珍しくありません。

理由は様々で、開業後予想外に人手が足りないと感じてしまったり、戦力になる人材が退職してしまったりと、様々なリスクが待ち構えています。

とはいえ、通常の場合はお客さんは待ってくれませんから、業務を回す為に多くの支出を求められる事もあるでしょう。大切なのは、人間は機械ではないという点です。想定外のリスクに備えて万全の資金調達が必要です。

 4.設備資金

設備用の資金は、開業前に求められるものですが、場合によっては開業後に調達しなければならないものも存在します。

例えば、利用者からの求めに応じてウォーターサーバーを設置したり、キッズスペースを設置したりと、柔軟な対応を行う場合などについてです。

これらの事例は、ほんの一例でですが、利用者の声に応えられる事業を起こす場合は、準備しておくに越した事はありません。

 5.広報費用

開業後、収益が挙がらない場合などに有効な対策が、宣伝広報です。

資金に余裕があればあるほど行いやすい対策ですから、可能な限り広報費用は準備しておくべきです。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須