フランチャイズ?のれん分け?代理店?開業前に知っておきたい3つの違い



独立開業を検討する際に多くの方が悩んでしまうポイントが、開業支援の選択です。

日本国内においてはフランチャイズや代理店、あるいはのれん分けなどの様々な開業制度が存在しますが、それぞれの制度の違いはあまり理解されていないのが実情です。

開業後後悔しない為にも、各開業制度の比較検討は欠かせません。

自由度の高い、のれん分け制度

のれん分けは、江戸時代から伝わる伝統的な開業支援制度です。

主に小規模の飲食店などで使われる制度で、店主が独立を許した従業員に屋号の使用や修行の実績を宣伝文句として使う事を許可する免許皆伝のような制度です。

ビジネス色は他の2制度より薄いですが、通常はロイヤリティや手数料の発生しない制度ですし、のれん分け後は自由な経営を行えますから開業後の集客ノウハウや経営指針を立てられる方にはメリットの大きな制度です。

商品販売を手がける代理店

代理店は、特定の企業の商材を販売する権利を取得し、仕入れた商材をエンドユーザー(多くの場合はBtoCを担当する形になります)に対して販売し、その差額を収益とする経営方法になります。

多くの場合は販売代理店と呼ばれる商材のみを販売する形態を取っている経営者が多いのが特徴で、後述のフランチャイズと比べるとサポートの範囲が限定される点で差異を認められます。

また、屋号だけを受け継ぎ商品は自分で用意しなくてはならないのれん分けと違い、商材そのものの提供を受けることができる制度ですから、比較的経営経験の浅い方でも取り組みやすい制度だと言えます。

総合的な手厚いサポートが魅力のフランチャイズ

フランチャイズは、コンビニエンスストアに代表される現在最も人気の開業方法です。

フランチャイズ契約は商材の提供だけでなく、店舗敷地や店内設備まで用意してくれますし、研修を通じて経営ノウハウの習得までの手厚いサポートを受けることができますから、経営スキルを全くお持ちでない方でも安心して開業する事ができる点が特徴です。

デメリットとして、チェーン店の一員として活動する事になる為、独立開業としては低い自由度となってしまう点が挙げられますが、逆に言うなら経営ノウハウに基づいた営業を行う事ができますから、比較的安定的な収益を得る事が可能です。

売上金の一部をロイヤリティとして支払う形態を取っている契約がほとんどですが、近年ロイヤリティなしのフランチャイズ契約も増加傾向にあり、コスト面と利便性において注目が集まっている制度です。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須