フランチャイズ契約に必要!「保証人」を立てる方法と注意点



大手とフランチャイズ契約をして店舗展開するのは、経営戦略的に大きなメリットに働くことも多いため、大変魅力的です。

しかし、フランチャイズ契約では「保証人」を立てることが求められることが多く、この保証人について大きな壁と感じる店舗経営者も少なくはありません。

フランチャイズビジネスにおける保証人とは一体どのようなものなのでしょうか?

なぜ保証人が必要?

保証人が必要なのは、経営が上手くいかなかった時や損害を被った際に、契約者だけでは対処できない場合、または何らかの理由で契約者がその保証を行えなくなってしまった折に、代わりに保証をしてもらうためです。

フランチャイズ契約では、契約前に審査を行い、金銭的な責任能力や経営展望などを検討していきます。

その時点では金銭的な責任能力があったとしても将来的に欠如してしまったり、経営が思うようにいかず負債を抱えてしまったりということも考えられるため、フランチャイズ契約を提供する側の対策として、保証人を立ててリスクを軽減する狙いがあります。

またフランチャイズ契約は、金銭ではありませんが店舗という形で貸し付けを行っているとも考えることができます。大きな金額の貸し付けとも捉えられますので、広く店舗展開を行っていきたい大手でも、保証人なしでの貸し付けは難しいのが現実です。

このような理由で保証人は必要なものとなっています。

保証人の負担範囲

保証人の負担範囲は契約者と同等です。

そのため審査を行う際にも契約者と同等の金銭的な能力があるかを調査されます。経営不振で返済をしなければならなかった場合でも、契約者がその責任を果たせるのであれば保証人が返済を行う必要はありません。

家族では保証人になれない?

フランチャイズ契約での店舗展開は家族での経営も多くあるため、家族では保証人になることができない場合が多くあります。

また家族は同一の経済で生活をしているため、仮に保証人として設定したとしても契約者が返済できない環境となれば結局保証人も返済能力を持たないものとなってしまいます。

このような事情から保証人は家族では成り立たせることができません。
契約によっては家族でなくとも身内・親族でさえもNGという場合もあるため、保証人の擁立は難しさを感じる場合もあります。

保証人の代行

保証人を擁立できない方に向けて、保証人を代行してくれる企業もあります。

もちろん全ての人に対して保証人を代行することはできません。その人の経済状況やフランチャイズ契約の内容などを審査した上で、保証人となる契約がされます。一定の条件を満たす必要があるため、契約ができない場合もありますのでご注意下さい。

保証人となるには互いの信頼も大切となるため、虚偽の事実があってはこのような企業で保証人契約をするのは難しくなります。保証人代行を利用する際には細かな点についてもしっかりと相談をし、本人の情報や契約内容などに間違いがないかを確認した上で行われなくてはなりません。

代行契約にはもちろん費用がかかりますが、フランチャイズ契約の保証人代行の相場は約5万円程度となっています。(フランチャイズ契約の内容によるところが大きいので、別途費用が発生する場合もあります。)

事業には”失敗”の可能性もあることを忘れない!

フランチャイズは個人で事業展開していくよりも有利に働く点が多くありますが、事業である以上は100%経営が上手くいくという保証はありません。そのため保証人を立て、万が一の際には保証人も含めて損害を負担することになります。

フランチャイズでは本部よりたくさんのアドバイスをもらえますが、それでも成功が約束されているわけではありません。すべては契約を行う個人の責任となるため、このような保証人の存在が必要となっているのです。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須