【まとめ】フランチャイズ契約に必要な費用を融資で調達する方法



フランチャイズ契約をする際には自己資金が必要です。自己資金がない場合は融資を受けて、その返済を行いながら店舗経営を行っていくこととなります。

この融資については本部から借入を行う場合と、金融機関のローンサービスを利用する場合の2つのケースがあります。

融資の種類

本部からの融資

自己資金0からフランチャイズ契約ができると案内している企業では、本来必要となる自己資金を融資という形で提供を行うものとなります。返済は開店後数ヶ月後からスタートし、毎月の売上の中からロイヤリティーとは別に返済を行っていきます。

本部からの融資は金融機関で行われる厳しい審査を必要としないため、比較的融資を受けやすいものと思われますが、経営を続けていくことが前提となるため、毎月の返済金額は一般のローン契約よりも高めとなることが多くあります。

金融機関からの融資

銀行や公庫では新規創業についての専用ローンがあり、このようなローンサービスを利用して資金を調達するのも一つの方法となります。返済は融資を受けてから1年間猶予されるローンもあり、はじめの1年間は利息のみの返済となるため、店舗経営が軌道に乗るまで返済の心配をする必要がなくなります。

ただし、創業者融資制度では借入額の半分程度の自己資金が必要とされることもあるため、全く資金が用意できない場合は難しさも感じられます。

また金融機関での審査には時間がかかることも珍しくありません。メリットは多くありますが、実際に融資されるまでの準備が必要と言えます。

おすすめは日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の新創業融資制度は、新規に事業を始める個人、もしくは企業に対して行われる融資制度で、無担保・無保証人で借入を行うことができます。また融資相談の際に、返済計画だけでなく事業展開などについても相談をすることができる点もメリットです。

審査の際に事業計画書の提示を求められるため、この計画書に記載された通りに経営を行っていくためにはどのようなことをすべきかのアドバイスももらえます。不備の多い事業計画書では指摘を受けることも多々ありますが、裏を返せば指摘を受けないほどの計画書を作成し提示することができれば、融資を受けられる可能性は高いと言えるのです。

融資を受けるにはビジネスプランが大切

融資を受けるためには将来の展望、明確な“ビジネスプラン”を持っていることが大切です。

フランチャイズは一から始めるビジネスではないため、ビジネスプランを立てやすいものではありますが、安易な考え方で臨むのはそれだけで大きなリスクとなります。リスクの大きなものに対して融資をするのは不安を抱かせることになるため、このような場合には融資審査に通過できなくなります。

経営者としての資質は審査に大きなウエイトを占めるものとなるので、ビジネスプランを持って融資審査に臨むことをオススメします。

返済のことも考えて融資を受ける

融資を受ける際には当然返済のことを考える必要がありますが、何よりも途中で店舗を閉店してしまい、フランチャイズ契約を終了した際にどのようになるかを考えておく必要があります。

店舗展開を辞めたとしても返済がなくなるわけではありません。返済が難しくなってしまうほどの返済額を毎月納めるような契約では、万が一の際に大きな負担となってしまう可能性があるのです。

仮に店舗を閉めなかったとしても災害や事故などで一時閉店となった場合でも、返済の金額やペースは変わらないため、余裕を持った返済計画を立て、負担を軽減できるように考えていくことがとても重要です。

まずは専門機関に相談してみよう!

フランチャイズ契約に必要な費用を融資で調達する際にはいずれにせよ明確なビジネスプラン、そして余裕を持った返済計画が必要となります。

本部から融資を受けて開店するのも良いですが、金融機関では様々なローンサービスを展開していますので、多くの可能性を検討しより良い調達の方法を選べるようにしていきましょう。

[無料]メルマガ登録(PDFプレゼント)

下記「簡単メール登録」をいただくと、フランチャイズでの独立・開業の成功に近づくための情報を配信させていただきます! 30秒で完了するので、ご登録いただくとお得ですよ!
全50ページ!あなたのフランチャイズビジネスを成功に導く!!
 
成功の秘訣が満載のPDFもプレゼント!
 
メールアドレス 必須 お名前(ニックネーム可) 必須